FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2014年1月1級FP 学科 >  2014年1月1級FP技能士学科応用【第5問】

2014年1月1級FP技能士学科応用【第5問】

【第5問】 次の設例に基づいて,下記の各問(《問63》~《問65》)に答えなさい。
《設 例》
 非上場会社のX株式会社(以下,「X社」という)は,社長であるAさん(73歳)が25年前に創業した会社であり,これまで順調に事業を拡大し,現在では従業員50名を抱える中堅企業に成長した。
 Aさんは,最近,自身の健康面に不安を感じることが多く,元気なうちに専務取締役である長男Cさん(43歳)に事業を承継させようと決意した。Aさんは,事業承継を円滑に進めるために,「非上場株式等についての贈与税の納税猶予」の適用を受けて,Ⅹ社株式を長男Cさんに贈与することを考えている。
 X社に関する資料は,以下のとおりである。なお,〈X社の概要〉の「□□□」は,問題の性質上,伏せてある。

〈X社の概要〉
(1) 業種 電気機械器具製造業

(2) 資本金等の額 4,500万円( 発行済株式総数90,000株,すべて普通株式で1株につき1個の議決権を有している)

(3) 株主構成
株主Aさんとの関係所有株式数
Aさん本人70,000株
Bさん10,000株
Cさん長男10,000株
※相続税におけるX社の株式の評価上の規模区分は「中会社の大」であり,特定の評価会社には該当しない。

(4) 比準要素および類似業種の株価の状況
・比準要素の状況
比準要素X社類似業種
1株(50円)当たりの年配当金額□□□円2.9円
1株(50円)当たりの年利益金額37円15円
1株(50円)当たりの簿価純資産価額457円196円
※すべて1株当たりの資本金等の額を50円とした場合の金額である。

・類似業種の1株(50円)当たりの株価の状況
 課税時期の属する月の平均株価 247円
 課税時期の属する月の前月の平均株価 231円
 課税時期の属する月の前々月の平均株価 250円
 課税時期の前年の平均株価 165円
 課税時期の属する月以前2年間の平均株価 180円

(5) X社の過去3年間の配当の状況
事業年度年配当金額摘 要
直前期900万円900万円のうち90万円は,25周年記念配当
直前々期720万円
直前々期の前期720万円


(6) X社の1株当たりの純資産価額 5,080円
※上記以外の条件は考慮せず,各問に従うこと。



FP学習ネット




[ 2017年09月28日 08:47 ] カテゴリ:2014年1月1級FP 学科 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省