FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2014年1月1級FP 学科 >  2014年1月1級FP学科基礎《問6》

2014年1月1級FP学科基礎《問6》

■問題
《問6》 国民年金保険料の後納制度に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。
1) 後納保険料を納付することができる期間は,平成24年4月1日から平成27年3月31日までの期間に限られ,過去10年まで遡って納付することができ、平成27年4月から平成30年9月までに限り、過去5年分まで納めることができる
2) 平成18年10月から平成20年3月までの保険料未納期間を有する者が,平成26年2月にその期間の一部について後納保険料を納付する場合は,平成18年10月分の後納保険料から納付しなければならない。
3) 平成26年2月に,平成18年10月から平成20年3月までの18カ月分の後納保険料を一括で納付する場合,後納保険料額は1カ月当たり15,040円となり,総額で270,720円となる。
4) 保険料の4分の3の納付を免除された被保険者で,残りの4分の1の保険料を納付しなかった者が当該期間について後納制度を利用する場合は,当時納付する必要があった4分の1の保険料に対する後納保険料を納付することになる。


















■解答  2  【日本年金機構 後納保険料】
1) 誤
 後納保険料を納付することができる期間は,平成24年10月1日から平成27年9月30日までの期間に限られ,過去10年まで遡って納付することができる。平成27年10月から平成30年9月までの3年間に限り、過去5年分まで納めることができる。

2) 正

3) 誤
 平成26年2月に,平成18年10月から平成20年3月までの18カ月分の後納保険料を一括で納付する場合,後納保険料額は14,750*6カ月+ 14,780*12カ月となり,総額で265,860円となる。

4) 誤
 保険料の4分の3の納付を免除された被保険者で,残りの4分の1の保険料を納付しなかった者が当該期間について後納制度を利用する場合は,一般の未納期間と同じ1カ月分の保険料が必要となる。
 一部免除された期間のうち、未納となっている期間も後納の対象となる。この場合の後納する保険料は、4分の1の保険料ではなく、保険料が免除された4分の3もあわせた、1カ月分の保険料となる。 


FP学習ネット




[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2014年1月1級FP 学科 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省