FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2012年9月1級FP 実技 >  1級FP  実技 2012年9月 【第2問】  問20

1級FP  実技 2012年9月 【第2問】  問20

1級FP  実技 2012年9月 【第2問】 <設例>
■問題
問20
 浩一さんは、会社から60歳定年後の継続雇用制度の説明を受けた。浩一さんは62歳から特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)を受給できるが、継続雇用後の賃金は60歳時点と比べて大幅に低下する。そこで、浩一さんはFPの津久井さんに、60歳以後および62歳以後の収入見込み額のシミュレーションを依頼した。下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる金額を計算し、その額を解答欄に記入しなさい。なお、問題作成の都合上、表の一部は空欄(*****)にしてある。

<浩一さんの継続雇用後の条件等>
・ 継続雇用後の賃金月額:210,000円(賞与なし)
・ 継続雇用後は雇用保険、健康保険・厚生年金保険に加入する。
・ 60歳時点の賃金月額:420,000円
・ 62歳からの年金月額:100,000円(この額は在職老齢年金の基本月額に当たる)

<60歳台前半の在職老齢年金の支給停止額の計算式>
支給停止額(月額)=(基本月額+総報酬月額相当額-28万円)×1/2

<高年齢雇用継続基本給付金>
支給対象月の賃金が60歳時点の賃金の61%未満の場合、支給対象月の賃金の15%の額が支給される。

<高年齢雇用継続基本給付金を受給することによる在職老齢年金の支給停止額>
標準報酬月額が60歳時点の賃金の61%未満の場合、標準報酬月額の6%の額が支給停止される。


60歳以後62歳以後
賃金月額(対60歳比)210,000円(61%未満)
高年齢雇用継続基本給付金( ア )円
標準報酬月額220,000円
年金月額100,000円
総報酬月額相当額による
在職老齢年金の支給停止額
( イ )円
高年齢雇用継続基本給付金を
受給することによる
在職老齢年金の支給停止額
( ウ )円
停止後の
在職老齢年金の支給額
(*****)
収入見込み額 (*****) (*****)






(半角数字入力で選択)
(ア)
 
     
(イ)
 
     
(ウ)
 
     
























■解答
( ア )31,500
( イ )20,000
( ウ )13,200

●高年齢雇用継続基本給付金
継続雇用後の賃金月額210,000円/60歳時点の賃金月額420,000円=50%<61%
したがって、支給対象月の賃金が60歳時点の賃金の61%未満のため、支給対象月の賃金の15%の額が支給されるので
高年齢雇用継続基本給付金 = 継続雇用後の賃金月額(支給対象月の賃金)210,000円 * 15% = 31,500円
(継続雇用後の賃金月額(支給対象月の賃金)210,000円 + 31,500円 < 支給限度額343,396円(毎年8月1日に変更))
【ハローワーク 高年齢雇用継続給付】
【高年齢雇用継続基本給付金限度額(毎年8月1日に変更)】


●総報酬月額相当額による在職老齢年金の支給停止額
支給停止額(月額)=(62歳からの年金月額100,000円+標準報酬月額220,000円+賞与0/12 -28万円)*1/2=20,000円
【在職老齢年金】

●高年齢雇用継続基本給付金を受給することによる在職老齢年金の支給停止額
標準報酬月額が60歳時点の賃金の61%未満の場合、標準報酬月額の6%の額が支給停止されるため
支給停止額=標準報酬月額220,000円*6%=13,200円
【何で雇用保険との支給調整で、標準報酬月額を使用するのか?】

●停止後の在職老齢年金の支給額
62歳からの年金月額100,000円-総報酬月額相当額による在職老齢年金の支給停止額20,000円-高年齢雇用継続基本給付金を受給することによる在職老齢年金の支給停止額13,200円=66,800円

●収入見込み額
継続雇用後の賃金月額210,000円+高年齢雇用継続基本給付金31,500円+停止後の在職老齢年金の支給額66,800円=308,300円

【在職老齢年金 (高年齢雇用継続給付を考慮するバージョン)】


FP学習ネット




[ 2014年04月12日 08:32 ] カテゴリ:2012年9月1級FP 実技 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省