FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2012年9月1級FP 実技 >  1級FP  実技 2012年9月 【第2問】  問14

1級FP  実技 2012年9月 【第2問】  問14

1級FP  実技 2012年9月 【第2問】 <設例>
■問題
問14
 百合さんは、現在保有している円定期預金の一部を1年満期の外貨預金(豪ドル)に預入れをしようと考えている。仮に、預入れをして1年後に満期を迎えた場合、次のうち税引後の円ベースでの元本を確保するための損益分岐点となる為替レート(TTB)に最も近いものはどれか。なお、外貨預金の円ベースの預入額を50万円、税引前の金利を年2.5%、預入時の為替レートを1豪ドル=83円(TTB)および1豪ドル=87円(TTS)とする。また、計算過程においては、小数点以下第3位を四捨五入すること。
1. 80.98円
2. 81.37円
3. 84.88円
4. 85.29円




























■解答   4. 85.29円
元本500,000円が、税引き後元利金に満期時TTBを乗じた金額と等しい場合に損益分岐点となることを考慮して、
元本500,000円-(500,000円/預入時TTS87円)*{(1+金利2.5%(1-税20%)}*満期時TTB=0
したがって、満期時TTB≒85.29円
(計算過程における端数処理等は、記載を省略しました)

外貨預金為替差益雑所得(総合課税)
利息利子所得(源泉分離課税) 20%
20%(所得税15%、住民税5%)、復興特別所得税を考慮すると、20.315%の源泉分離課税(所得税15.315%、住民税5%)。


FP学習ネット




[ 2014年10月23日 08:22 ] カテゴリ:2012年9月1級FP 実技 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省