FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2014年1月2級FP >  2014年1月2級FP技能士学科 解答解説 問題(16)

2014年1月2級FP技能士学科 解答解説 問題(16)

■問題16
地震保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
1.地震保険の保険料は、保険の対象となる建物の構造および用途で算出され、建物の所在地による違いはない。
2.地震保険の保険料には、建築年割引、耐震等級割引、免震建築物割引、耐震診断割引の4種類の割引制度があるが、これらは重複して適用を受けることができない。
3.地震保険の保険金額は、主契約である火災保険の保険金額の30%から50%の範囲内で設定し、その限度額は建物が1,000万円、家財(生活用動産)が500万円である。
4.地震保険では、保険の対象となる建物や家財(生活用動産)の損害の程度を全損と半損の2段階に区分して保険金が支払われる。



























■解答   2  【財務省 地震保険】
1.誤
 地震保険の保険料は、保険の対象となる建物の構造、所在地で算出される。

2.正

3.誤
 地震保険の保険金額は、主契約である火災保険の保険金額の30%から50%の範囲内で設定し、その限度額は建物が5,000万円、家財(生活用動産)が1,000万円である。

4.誤
 地震保険では、保険の対象となる建物や家財(生活用動産)の損害の程度を全損、大半損、小半損または一部損の4段階に区分して保険金が支払われる。


FP学習ネット




[ 2017年01月18日 10:44 ] カテゴリ:2014年1月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省