FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  ライフプランニング・資金計画 >  フラット35 買取型と保証型

フラット35 買取型と保証型

■フラット35
民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して行う長期固定金利の住宅ローン。フラット35のスキームには買取型保証型の2種類ある。

■要件
・新築住宅の建設・購入資金または中古住宅の購入資金

・住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合している住宅

・ 一戸建て住宅等の場合:床面積70m2以上

・ マンション等の場合:床面積30m2以上

・購入価額等が1億円以下(消費税含む。)

・年収に占めるすべての借入れ(フラット35を含む)の年間合計返済額の割合
  400万円未満:30%以下
  400万円以上:35%以下

■特徴等
・融資実行時点の金利が適用される
・土地の購入のみでは融資されない
・敷地面積の要件はありません。
財形等との併用も可能

■その他
フラット35(リフォーム一体型)の商品あり
ダブルフラットの商品あり


■買取型と保証型
買取型
融資実行後に、金融機関は住宅ローン債権を住宅金融支援機構に譲渡する。住宅金融支援機構は、その債権を信託し、それを担保とした債券を投資家に発行することで、住宅ローンのための資金調達を行う。

保証型
融資実行後に、金融機関は住宅ローン債権を信託し、それを担保とした債券を投資家に発行することで、住宅ローンのための資金調達を行う。住宅金融支援機構は、金融機関等に対して、住宅ローンの元利金の保証を行う。

買取型と保証型の比較

買取型保証型
取扱金融機関330機関5機関
融資金額・100万円以上8,000万円以下
・建設費または購入価額の100%以内
【H26.2.24より 90%⇒100%】
但し、90%超の場合、一定の場合を除いて、金利が高くなる。
・8,000万円が上限
・建設費または購入価額の9割 OR 10割。
(上限は取扱金融機関によって異なります。)
抵当権者住宅金融支援機構金融機関
保証料なしなし
団体信用生命保険原則、住宅金融支援機構の団信制度に加入。別途、特約料が必要になります。原則、金融機関の提供する団信制度に加入。特約料の取扱いは、取扱金融機関によって異なります。
繰上げ返済返済額:100万円以上
(ネット利用は、10万円以上)
手数料は無料
返済額:自由
手数料は3,150円等(取扱金融機関によって異なります。)
借換できるできる
【独立行政法人住宅金融支援機構】


FP学習ネット




[ 2015年02月13日 10:06 ] カテゴリ:ライフプランニング・資金計画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
FP技能士試験
■H29.9実施




■実施結果
【H29.5】 【H29.1】 【H28.9】 【H28.5】 【H28.1】 【H27.9】 【H27.5】 【H27.1】 【H26.9】 【H26.5】 【H26.1】
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省