FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年9月2級FP >  平成29年9月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題3

平成29年9月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題3

問題3
 ライフプランニングにおける各種係数を用いた必要額の算出に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、算出に当たっては下記<資料>の係数を乗算で使用するものとし、手数料や税金等については考慮しないものとする。

 毎年年末に一定額を積み立てながら年利率3%で複利運用した場合、20年後に1,500万円となる貯蓄計画においては、毎年の積立金額は( ア)円となる。また、年利率3%で複利運用しながら、毎年年末に200万円を10年間受け取る場合においては、当初の元金として( イ)円が必要となる。



<資料>年利率3%の各種係数
10年
20年
終価係数
1.3439
1.8061
現価係数
0.7441
0.5537
減債基金係数
0.0872
0.0372
資本回収係数
0.1172
0.0672
年金終価係数
11.4639
26.8704
年金現価係数
8.5302
14.8775


1.(ア)558,000  (イ)17,060,400
2.(ア)558,000  (イ)14,877,500
3.(ア)744,100  (イ)17,060,400
4.(ア)744,100  (イ)14,877,500






























■解答 1 


FP学習ネット




【係数】
[ 2017年10月14日 00:00 ] カテゴリ:2017年9月2級FP | TB(0) | CM(1)
1,500万円×減債基金係数0.0372=558,000円



200万円×年金現価係数8.5302=17,060,400円
[ 2017/10/13 11:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省