FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年9月3級FP >  平成28年9月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験〈個人資産相談業務〉解答解説 問題11

平成28年9月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験〈個人資産相談業務〉解答解説 問題11

《問11》
 固定資産税に関する以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。《設 例》


 毎年( ① )現在において土地・家屋の所有者として固定資産課税台帳に登録されている者に対しては、土地・家屋に係る地方税である固定資産税が課される。
 固定資産税の税額は課税標準に税率を乗じて計算され、その課税標準の基礎となる価格(固定資産税評価額)は、原則として、( ② )に1度評価替えが行われる。
 また、土地・家屋に係る固定資産税の標準税率は( ③ )であるが、各市町村はこれを超える税率を条例によって定めることができる。


1) ① 1月1日 ② 5年 ③ 0.3%
2) ① 4月1日 ② 3年 ③ 0.3%
3) ① 1月1日 ② 3年 ③ 1.4%































■解答   3) 


FP学習ネット




[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2016年9月3級FP | TB(0) | CM(2)
固定資産税の賦課期日
固定資産税の納税義務者は,賦課期日(1月1日)に固定資産課税台帳に所有者として登録されている者
[ 2017/03/10 16:29 ] [ 編集 ]
固定資産税評価額
土地・家屋に係る固定資産税の課税標準となる価格は、原則として、3年ごとの基準年度において評価替えが行われる。
[ 2017/03/10 16:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省