FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年9月3級FP >  平成28年9月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題18

平成28年9月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題18

■問18
 明さんは、財形年金貯蓄を利用している。そこで財形年金貯蓄について理解を深めておこうと思い、FPの目黒さんに質問をした。財形年金貯蓄に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。<設例>


1.加入できるのは55歳未満の勤労者であり、1人1契約である。
2.年金は、60歳以後に終身年金としてのみ受け取れる。
3.受け取る年金は、個人年金保険と同様に雑所得として課税される。

































■解答   1)


FP学習ネット




[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2016年9月3級FP | TB(0) | CM(2)
財形年金貯蓄
満60歳以降に5年以上20年以内(保険商品の場合、終身受け取りもできる)
[ 2017/03/09 11:09 ] [ 編集 ]
財形年金貯蓄
受け取る年金は、非課税。
[ 2017/03/09 11:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省