FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年9月3級FP >  平成28年9月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題12

平成28年9月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題12

■問12
 下記の3人の会社員のうち、平成28年分の所得税において確定申告を行う必要がある人は誰か。なお、<資料>に記載のない条件については一切考慮しないこととする。


<資料:3人の収入等に関するデータ(平成28年12月31日時点)>
氏名 年齢 給与収入
(年収)
勤務先 備考
布施隆志 35歳 700万円 RF会社 ・勤務先の給与収入のみ。
・勤務先で年末調整を受けている。
・前年以前に住宅を取得し住宅借入金等
特別控除の適用を受けており、年末調
整の際に会社に所定の書類を提出して
いる。
宇野大地 38歳 850万円 RK商事 ・勤務先の給与収入以外に一時所得の
金額が10万円ある。
・勤務先で年末調整を受けている。
青山幸一 48歳 1,000万円 RS銀行 ・勤務先の給与収入のみ。
・勤務先で年末調整を受けている。
・医療費控除の適用を受ける
※給与収入(年収)は平成28年分の金額である。


1.布施隆志
2.宇野大地
3.青山幸一





























■解答   3)


FP学習ネット




[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2016年9月3級FP | TB(0) | CM(3)
医療費控除
医療費控除の適用を受けるを受けるためには、年末調整ではできないため、確定申告をしなければならない。v-101
[ 2017/03/09 10:38 ] [ 編集 ]
給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下
年末調整によって所得税額が確定し、納税も完了するから、確定申告の必要はない。
[ 2017/03/09 10:36 ] [ 編集 ]
住宅借入金等 特別控除
・初年度   確定申告
・2年目以降 年末調整で適用できる。 
[ 2017/03/09 10:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省