FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年9月3級FP >  平成28年9月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題11

平成28年9月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題11

■問11
 会社員の細川さんは、相続により取得した土地にアパートを建築して不動産の貸付けを行おうと考え、FPで税理士でもある千田さんに不動産の貸付けについて相談をした。千田さんが行った所得税の不動産所得に関する次の説明の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。


<千田さんの説明>
 不動産所得の金額の計算上、賃貸料のほかに、礼金、更新料などの名目で受け取るものについても総収入金額に含まれる。
 また、不動産の貸付けをする際に受け取った敷金のうち、返還を要しない部分の金額は、返還を要しないことが確定した日において不動産所得の総収入金額に( ア)。
 不動産の貸付けを事業的規模以外で行った場合、青色申告制度を利用すれば、青色申告特別控除として最大( イ)の控除を受けることができる。


1.(ア)含まれる (イ)10万円
2.(ア)含まれない(イ)10万円
3.(ア)含まれない(イ)65万円

































■解答   1)


FP学習ネット




[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2016年9月3級FP | TB(0) | CM(2)
青色申告特別控除額
・不動産の貸付けを事業的規模  65万円v-141v-140
・不動産の貸付けを事業的規模以外10万円v-136v-145
[ 2017/03/09 10:08 ] [ 編集 ]
不動産の貸付けを事業的規模
いずれかに該当する場合v-258
・貸間、アパート等については、貸与することができる独立した室数がおおむね10以上であること。
・独立家屋の貸付けについては、おおむね5棟以上であること。
[ 2017/03/09 10:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省