FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月1級FP >  平成29年1月1級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題61

平成29年1月1級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題61

《問61》
 Aさんの検討事項に関する以下の文章の空欄①~⑧に入る最も適切な語句または数値を、解答用紙に記入しなさい。《設 例》


Ⅰ 「Aさんが平成29年中に自宅の建物について一定のバリアフリー改修工事を自己資金で行った場合、所定の要件を満たせば、当該改修工事に係る標準的な費用の額(補助金等の交付を受ける場合には、その額を控除した後の金額)の( ① )%相当額を所得税額から控除することができる。
 対象となるバリアフリー改修工事とは、当該改修工事に係る標準的な費用の額(補助金等の交付を受ける場合には、その額を控除した後の金額)が( ② )万円を超える一定のものをいう。また、バリアフリー改修工事に係る標準的な費用の額とは、バリアフリー改修工事の種類ごとに単位当たりの標準的な工事費用の額として定められた金額に、当該改修工事を行った床面積等を乗じて計算した金額をいい、( ③ )万円が限度となる」

Ⅱ 「Aさんが平成29年中に自宅の建物について一定の耐震改修工事を行った場合、所定の要件を満たせば、地方税法に基づき、当該建物に係る翌年度分の固定資産税について、住宅1戸当たり床面積( ④ )㎡までの部分に対する税額の( ⑤ )相当額が減額される」

Ⅲ 「Aさんが平成29年中に自宅の建物とその敷地を譲渡し、戸建て住宅を購入した場合、所定の要件を満たせば、『特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例』の適用を受けることができる。
 この特例の適用を受けるためには、譲渡資産の所有期間が譲渡した日の属する年の1月1日において( ⑥ )年超であり、居住期間が通算して( ⑥ )年以上であること、譲渡資産の譲渡対価の額が( ⑦ )円以下であること、買換資産の建物の床面積(居住用部分)が50㎡以上であり、かつ、その敷地(土地)の面積が( ⑧ )㎡以下であることなどの要件を満たすことが必要となる」





(①②③④⑥⑦半角数字 ⑤分数 ○/○)






 
     
 
     
 
     
 
     
 
     
 
     
 
     
 
     





















■解答
① 10(%)  ② 50(万円)  ③ 200(万円)  ④ 120(㎡)
⑤ 2分の1  ⑥ 10(年)  ⑦ 1億(円)  ⑧ 500(㎡)


FP学習ネット




金融財政事情研究会 模範解答PDF
金融財政事情研究会 模範解答HP
[ 2017年02月16日 23:01 ] カテゴリ:2017年1月1級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
FP技能士試験
■H29.9実施




■実施結果
【H29.5】 【H29.1】 【H28.9】 【H28.5】 【H28.1】 【H27.9】 【H27.5】 【H27.1】 【H26.9】 【H26.5】 【H26.1】
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省