FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月1級FP >  平成29年1月1級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題54

平成29年1月1級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題54

《問54》
 《設 例》の〈X社の財務データ〉に基づいて、Mさんが、Aさんに対して説明した以下の文章ⅠおよびⅡの下線部①~③のうち、最も不適切なものをそれぞれ1つ選び、その適切な内容について簡潔に説明しなさい。なお、計算結果は表示単位の小数点以下第3位を四捨五入すること。また、計算にあたっては、すべて期末の数値を使用すること。


Ⅰ 「X社の平成28年3月期の当期純利益は大幅に減少して前期比約6割となっていますが、経常利益は微減であるため、特別損失の金額が大きいことが推察されます。そのため、①平成28年3月期の自己資本当期純利益率は3.93%であり、前期と比べて大きく悪化しています。一方、特別損益の影響を受けない②総資産経常利益率については、平成28年3月期は4.98%であり、前期とほぼ変わりません。
 なお、総資産経常利益率は、売上高経常利益率と総資産回転率の2指標に分解することができます。この③売上高経常利益率と総資産回転率の2指標を前期と比較すると、前者は悪化し、後者は良化しています

Ⅱ 「株主への利益還元の度合いを測る指標として、配当性向や純資産配当率があります。X社では、増配と大幅な減益の影響を受け、①配当性向について、平成27年3月期は33.64%でしたが、平成28年3月期は62.50%となっています。一方、②純資産配当率については、平成27年3月期は1.76%、平成28年3月期は2.00%となっています
 また、企業の内部留保と利益率から今後の成長率を予測する際に用いる指標である③サスティナブル成長率は、『ROA×(1-配当性向)』の算式で算出することができます
 なお、これらの指標は相対的なものであり、同業他社の数値や業界平均値などと比較しながら検討することが大切です」






































■解答    Ⅰ ①  Ⅱ ③


FP学習ネット




金融財政事情研究会 模範解答PDF
金融財政事情研究会 模範解答HP
[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月1級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省