FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月1級FP >  平成29年1月1級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題23

平成29年1月1級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題23

《問23》
 特定口座に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、本問における簡易申告口座とは、特定口座のうち、源泉徴収がされない口座をいう。


1) 簡易申告口座には、上場株式等の配当等や特定公社債等の利子等を受け入れることはできない。

2) 簡易申告口座を開設している者は、当該口座において毎年最初の売却取引または信用取引等の差金決済を行う前であれば、所定の手続により、当該口座を源泉徴収選択口座に変更することができる。

3) 源泉徴収選択口座に上場株式等の配当等を受け入れた場合、その支払の都度、当該口座内の上場株式等の譲渡損失の金額と損益通算される。

4) 源泉徴収選択口座を開設している配偶者が確定申告をしない場合、当該口座内の上場株式等の譲渡益は、所得税の配偶者控除等の適用の有無を判定する際の当該配偶者の合計所得金額には含まれない。






























■解答 3


FP学習ネット




[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月1級FP | TB(0) | CM(1)
【解答 4) 】合計所得金額
以下、合計所得金額から除かれる。

配当などで、確定申告をしないことを選択したもの
・特定口座の源泉徴収選択口座内の株式等の譲渡による所得で、確定申告をしないことを選択したもの
・源泉分離課税とされる利子
・一時払養老保険の差益などの金融類似商品の収益
[ 2017/03/28 09:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省