FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月2級FP >  平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題37

平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題37

■問37
 秀樹さんが加入している生命保険契約(<設例>の[資料3]参照)について、保険金・給付金が支払われた場合の課税に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、同じ語句を何度選んでもよいこととする。《設 例》


・秀樹さんが現時点(平成29年1月1日)で死亡し、ゆり子さんが受け取った終身保険Aおよび定期保険Bの死亡保険金は、( ア)となる。
・秀樹さんが養老保険Cの満期により一時金として受け取った満期保険金は、( イ)となる。
・秀樹さんが入院し、医療保険Dから受け取った入院給付金は、( ウ)となる。


<語群>
1.贈与税の課税対象  2.相続税の課税対象
3.雑所得として所得税の課税対象  4.一時所得として所得税の課税対象
5.非課税





(半角数字入力)
(ア)
 
     
(イ)
 
     
(ウ)
 
     





















■解答  (ア)2  (イ)4  (ウ)5


FP学習ネット




[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省