FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月2級FP >  平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題22

平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題22

■問22
 牧村友樹さん(37歳)は、父(67歳)と祖母(89歳)から下記<資料>の贈与を受けた。友樹さんの平成28年分の贈与税額として、正しいものはどれか。なお、父からの贈与については、平成27年から相続時精算課税制度の適用を受けている(適用要件は満たしている)。


<資料>
[平成28年中の贈与]
 ・父から贈与を受けた金銭の額:1,800万円
 ・祖母から贈与を受けた金銭の額:400万円
[平成27年中の贈与]
 ・父から贈与を受けた金銭の額:1,200万円


※平成27年中および平成28年中に上記以外の贈与はない。
※上記の贈与は、住宅取得等資金や教育資金、結婚・子育てに係る資金の贈与ではない


<贈与税の速算表>
(a)20歳以上の者が直系尊属から贈与を受けた財産の場合
基礎控除後の課税価格 税率 控除額
       200万円以下 10%
200万円超400万円以下 15% 10万円
400万円超600万円以下 20% 30万円
600万円超1,000万円以下 30% 90万円
1,000万円超1,500万円以下 40% 190万円
1,500万円超3,000万円以下 45% 265万円
3,000万円超4,500万円以下 50% 415万円
4,500万円超           55% 640万円

(b)上記(a)以外の場合
基礎控除後の課税価格 税率 控除額
       200万円以下 10%
200万円超300万円以下 15% 10万円
300万円超400万円以下 20% 25万円
400万円超600万円以下 30% 65万円
600万円超1,000万円以下 40% 125万円
1,000万円超1,500万円以下 45% 175万円
1,500万円超3,000万円以下 50% 250万円
3,000万円超           55% 400万円


1. 1,335,000円
2. 1,470,000円
3. 1,500,000円
4. 1,910,000円






























■解答 1


FP学習ネット




[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省