FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月2級FP >  平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題10

平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題10

■問10
 借地借家法に規定する定期借地権等の種類や概要に関する下表の空欄(ア)~(エ)に入る適切な数値または語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、同じ数値または語句を何度選んでもよいこととする。

項目/種類 定期借地権
(第22条)
事業用定期借地権等(第23条) 建物譲渡特約付
借地権
(第24条)
事業用定期借地権
(第1項)
事業用借地権
(第2項)
存続期間 ( ア)年以上 30年以上
( ア)年未満
10年以上
30年未満
( イ)年以上
利用目的 制限なし 事業用
(一部でも居住用があってはならない)
制限なし
契約方式 ( ウ) 設定を目的とする契約は公正証書で行う ( エ)
借地関係の終了 期間の満了 期間の満了 建物の譲渡


<語群>
1. 10  2. 30  3. 50  4. 70
5.制限なし  6.特約は公正証書等の書面で行う
7.設定を目的とする契約は公正証書で行う





(①②③④半角数字)
(ア)
 
     
(イ)
 
     
(ウ)
 
     
(エ)
 
     





















■解答 (ア)3  (イ)2  (ウ)6  (エ)5


FP学習ネット




[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省