FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月2級FP >  平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験〈生保顧客資産相談業務〉 解答解説 問題4

平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験〈生保顧客資産相談業務〉 解答解説 問題4

■《問4》
  はじめに、Mさんは、下記の各ケースにおいて、Aさんが死亡した場合の必要保障額を試算した。下記の<条件>を参考に、Aさんの必要保障額を計算した下記の表の空欄①~④に入る金額を求めなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。また、金額がマイナスになる場合は、金額の前に「▲」を記載し、マイナスであることを示すこと。《設 例》


<条件>
ⅰ)長男Cさんが独立する年齢は、22歳(大学卒業時)とする。
ⅱ)Aさんの死亡後から長男Cさんが独立するまで(22年間)の生活費の総額は、現在の日常生活費の70%とし、長男Cさんが独立した後の妻Bさんの生活費の総額は、現在の日常生活費の50%として計算する。
ⅲ)長男Cさん独立時の妻Bさんの平均余命は、31年とする。
<ケース1> <ケース2>
平成29年2月時 長男Cさん独立時
Aさんの年齢 40歳 62歳
妻Bさんの年齢 35歳 57歳
長男Cさんの年齢 0歳 22歳
   生活費の総額 ( ① ) ( ④ )
住宅ローンの返済額 ( ② ) 0
住宅修繕・リフォーム費用 500 300
租税公課(固定資産税等) 700 400
教育・結婚援助資金 1,500 300
耐久消費財購入費用 500 200
その他費用(趣味・娯楽等) 1,000 500
死亡整理資金(葬儀費用等) 300 300
(a)遺族に必要な資金の総額 □□□ □□□
   遺族厚生年金等 6,000 3,000
妻Bさんの公的年金 1,800 1,800
妻Bさんの勤労収入等 2,000 600
死亡退職金等 500 1,800
金融資産(現金、預貯金等) 500 1,500
(b)準備資金 10,800 8,700
必要保障額(a-b) ( ③ ) □□□
※各数値の単位は万円であり、Mさんが収集した情報を基に概算の金額を算出したものである。
※計算にあたって、物価上昇率等は考慮していない。





(①②③④半角数字)
 
     
 
     
 
     
 
     





















■解答 ① 9,270(万円)  ② 0(万円)  ③ 2,970(万円)  ④ 4,650(万円)


FP学習ネット




[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省