FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月2級FP >  平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験〈生保顧客資産相談業務〉 解答解説 問題2

平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験〈生保顧客資産相談業務〉 解答解説 問題2

■《問2》
  次に、Mさんは、Aさんに対して、X社に継続雇用された場合の雇用保険の給付等について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な語句または数値を、下記の〈語句群〉のイ~リのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。《設 例》


ⅰ)「【パターンⅠ】のように、60歳以後の各月(支給対象月)に支払われる賃金額が、60歳到達時の賃金月額の75%相当額を下回る場合、Aさんは、原則として、雇用保険の( ① )を受給することができます。( ① )の額は、支給対象月ごとに、賃金額の低下率に応じて一定の方法により算定されますが、最高で賃金額の( ② )%に相当する額になります」

ⅱ)「厚生年金保険の被保険者が特別支給の老齢厚生年金と( ① )を同時に受給する場合、特別支給の老齢厚生年金は、在職老齢年金の仕組みによる支給調整に加えて、毎月、標準報酬月額の( ③ )%を上限に支給停止されることになります。ただし、Aさんが【パターンⅠ】を選択した場合、Aさんは厚生年金保険の被保険者ではないため、特別支給の老齢厚生年金は、在職老齢年金の仕組みによる支給調整は行われず、( ① )の支給による年金額の支給停止もありません」


〈語句群〉
イ.6  ロ.9  ハ.10  ニ.15  ホ.25  ヘ.35
ト.高年齢雇用継続基本給付金  チ.再就職手当  リ.常用就職支度手当














































■解答    ①ト  ②ニ  ③イ 
ⅰ)「【パターンⅠ】のように、60歳以後の各月(支給対象月)に支払われる賃金額が、60歳到達時の賃金月額の75%相当額を下回る場合、Aさんは、原則として、雇用保険の( ① 高年齢雇用継続基本給付金)を受給することができます。( ① 高年齢雇用継続基本給付金)の額は、支給対象月ごとに、賃金額の低下率に応じて一定の方法により算定されますが、最高で賃金額の( ② 15)%に相当する額になります」

ⅱ)「厚生年金保険の被保険者が特別支給の老齢厚生年金と( ① 高年齢雇用継続基本給付金)を同時に受給する場合、特別支給の老齢厚生年金は、在職老齢年金の仕組みによる支給調整に加えて、毎月、標準報酬月額の( ③ 6)%を上限に支給停止されることになります。ただし、Aさんが【パターンⅠ】を選択した場合、Aさんは厚生年金保険の被保険者ではないため、特別支給の老齢厚生年金は、在職老齢年金の仕組みによる支給調整は行われず、( ① 高年齢雇用継続基本給付金)の支給による年金額の支給停止もありません」


FP学習ネット




[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省