FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月2級FP >  平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験〈個人資産相談業務〉 【第2問】

平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験〈個人資産相談業務〉 【第2問】

【第2問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問4》~《問6》)に答えなさい。


《設 例》
 会社員のAさん(52歳)は、昨年、現金6,000万円を相続した。Aさんは、その資金の一部で、特定口座を利用して投資信託を購入することを検討している。そこで、Aさんは、興味を持っているX投資信託およびY投資信託について、証券会社に勤務するファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。X投資信託およびY投資信託に関する資料等は、以下のとおりである。

〈X投資信託に関する資料〉
 ・公募株式投資信託
 ・追加型/国内/債券
 ・主な投資対象 :国内の投資適格債券
 ・信託期間 :無期限
 ・決算日 :毎年3月20日
 ・購入時手数料 :なし
 ・運用管理費用(信託報酬) :年1.08%(税込)
 ・信託財産留保額 :なし

〈Y投資信託に関する資料〉
 ・公募株式投資信託
 ・追加型/国内/株式
 ・主な投資対象 :国内の企業のなかで、技術革新に積極的に取り組む企業の株式
 ・信託期間 :無期限
 ・決算日 :毎年6月15日
 ・購入時手数料 :購入時の基準価額に対して3.24%(税込)
 ・運用管理費用(信託報酬) :年1.62%(税込)
 ・信託財産留保額 :換金時の基準価額に対して0.32%

〈X投資信託とY投資信託の運用パフォーマンスに関する資料〉
X投資信託 Y投資信託
過去5年間の収益率の平均値(リターン) 5.0% 10.0%
過去5年間の収益率の標準偏差(リスク) 10.0% 15.0%
無リスク資産利子率 1.0%



FP学習ネット




[ 2017年02月21日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省