FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月2級FP >  平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験〈個人資産相談業務〉 解答解説 問題5

平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験〈個人資産相談業務〉 解答解説 問題5

■《問5》
 Mさんは、Aさんに対して、X投資信託およびY投資信託について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。《設 例》


① 「AさんがX投資信託およびY投資信託から受け取る収益分配金のうち、普通分配金については、所得税が非課税となります」

② 「信託財産留保額とは、投資家の換金に伴う費用などを賄うために、販売会社が負担するコストのことです」

③ 「Y投資信託のように購入時手数料がかかる投資信託については、販売会社により購入時手数料率が異なる場合があります」




































■解答
① ×   
 「AさんがX投資信託およびY投資信託から受け取る収益分配金のうち、特別分配金については、所得税が非課税となります」

② ×
 「信託財産留保額とは、投資家の換金に伴う費用などを賄うために、投資家が負担するコストのことです」

③ ○


FP学習ネット





プ ロ セ ス 手 数 料 内容
購入時 購入時手数料 購入時に支払う費用。
購入時手数料が徴収されない ノーロード型と呼ばれる投資信託もある。
保有期間中 運用管理費用(信託報酬) 運用のための費用や情報開示のための費用として徴収される。
信託財産の残高から、( 日々)、差し引かれる。
換金時 信託財産留保額  投資家間の公平性を保つために、一般的に、換金の際に徴収される。
差し引かれた金額は、投資信託内に留保される。投資信託によっては差し引かれないものもある。
[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省