FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月2級FP >  平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験〈個人資産相談業務〉 解答解説 問題3

平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験〈個人資産相談業務〉 解答解説 問題3

■《問3》
  仮に、Aさんが現時点(平成29年1月22日)で死亡し、妻Bさんが遺族厚生年金の受給権を取得した場合、受給権取得時における妻Bさんの遺族厚生年金の年金額(平成28年度価額)を計算した次の〈計算式〉の空欄①、②、④に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。また、空欄③に入る適切な語句を、解答用紙の「される/されない」のいずれかから選び、マルで囲みなさい。計算にあたっては、《設 例》および下記の〈資料〉を利用すること。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。


〈計算式〉
 1.基本額(本来水準の額。円未満四捨五入)
  350,000円×5.481/1,000×( ① )月 ×( ② )=□□□円
 
 2.中高齢寡婦加算額
  妻Bさんの場合、中高齢寡婦加算額は加算 ③( される / されない )

 3.遺族厚生年金の年金額(円未満四捨五入)
  ( ④ )円


〈資料〉
 遺族厚生年金の計算式(平成28年度価額)
 遺族厚生年金の年金額=基本額(本来水準の額)+中高齢寡婦加算額
 ⅰ)基本額(厚生年金保険の被保険者期間がすべて平成15年4月以後である場合)
   基本額=平均標準報酬額×5.481/1,000×□□□月×□□□/□□□
 ⅱ)中高齢寡婦加算額 585,100円(要件を満たしている場合のみ加算すること)




(①④半角数字、②分数〇/〇、③ひらがな)
 
     
 
     
 
     
 
     





















■解答   ① 300(月)  ② 3/4  ③ されない  ④ 431,629(円)
●基本額(本来水準の額。円未満四捨五入)
  350,000円×5.481/1,000×( 300 )月 ×( 3/4 )≒431,629円(円未満四捨五入)
 
●中高齢寡婦加算額
  妻Bさんの場合、中高齢寡婦加算額は加算されない

●遺族厚生年金の年金額(円未満四捨五入)
  431,629円円


FP学習ネット




●遺族厚生年金
厚生年金保険法60条
Ⅰ  遺族厚生年金(次項の規定が適用される場合を除く。)の額は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める額とする。ただし、遺族厚生年金の受給権者が当該遺族厚生年金と同一の支給事由に基づく国民年金法 による遺族基礎年金の支給を受けるときは、第一号に定める額とする。
 一  第五十九条第一項に規定する遺族(次号に掲げる遺族を除く。)が遺族厚生年金の受給権を取得したとき 死亡した被保険者又は被保険者であつた者の被保険者期間を基礎として第四十三条第一項の規定の例により計算した額の四分の三に相当する額。ただし、第五十八条第一項第一号から第三号までのいずれかに該当することにより支給される遺族厚生年金については、その額の計算の基礎となる被保険者期間の月数が三百に満たないときは、これを三百として計算した額とする。

厚生年金保険58条
Ⅰ  遺族厚生年金は、被保険者又は被保険者であつた者が次の各号のいずれかに該当する場合に、その者の遺族に支給する。...
 一  被保険者...が、死亡したとき。
 二  被保険者であつた者が、被保険者の資格を喪失した後に、被保険者であつた間に初診日がある傷病により当該初診日から起算して五年を経過する日前に死亡したとき。
 三  障害等級の一級又は二級に該当する障害の状態にある障害厚生年金の受給権者が、死亡したとき。
 四  老齢厚生年金の受給権者又は第四十二条第二号に該当する者が、死亡したとき。

厚生年金保険法43条
Ⅰ  老齢厚生年金の額は、被保険者であつた全期間の平均標準報酬額...の千分の五・四八一に相当する額に被保険者期間の月数を乗じて得た額とする。


●中高齢寡婦加算額
厚生年金保険法62条
Ⅰ  遺族厚生年金...の受給権者である妻であつてその権利を取得した当時四十歳以上六十五歳未満であつたもの又は四十歳に達した当時当該被保険者若しくは被保険者であつた者の子...と生計を同じくしていたものが六十五歳未満であるときは、...遺族基礎年金の額に四分の三を乗じて得た額...を加算する。
[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省