FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月3級FP >  平成29年1月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験〈個人資産相談業務〉解答解説 問題1

平成29年1月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験〈個人資産相談業務〉解答解説 問題1

■《問1》
 Mさんは、Aさんに対して、Aさんの退職後における公的医療保険制度について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして、次のうち、最も適切なものはどれか。<設例>

 「Aさんが退職した後に加入する公的医療保険については、国民健康保険に加入するか、現在加入している健康保険の任意継続被保険者になることが考えられます。
 国民健康保険に加入する場合、国民健康保険の保険料(税)は、保険者である( ① )や国民健康保険組合によって異なります。
 退職時の健康保険に任意継続被保険者として加入する場合、原則としてその手続は、退職した日の翌日から( ② )以内に行う必要があります。なお、任意継続被保険者として健康保険に加入できる期間は最長で( ③ )となります」


1) ① 市町村(特別区を含む) ② 14日 ③ 3年間
2) ① 市町村(特別区を含む) ② 20日 ③ 2年間
3) ① 都道府県 ② 20日 ③ 3年間





























■解答   2) 
 「Aさんが退職した後に加入する公的医療保険については、国民健康保険に加入するか、現在加入している健康保険の任意継続被保険者になることが考えられます。
 国民健康保険に加入する場合、国民健康保険の保険料(税)は、保険者である( ①市町村(特別区を含む) )や国民健康保険組合によって異なります。
 退職時の健康保険に任意継続被保険者として加入する場合、原則としてその手続は、退職した日の翌日から( ② 20日 )以内に行う必要があります。なお、任意継続被保険者として健康保険に加入できる期間は最長で( ③2年間 )となります」


FP学習ネット




国民健康保険法3条
Ⅰ  市町村及び特別区は、この法律の定めるところにより、国民健康保険を行うものとする。
Ⅱ  国民健康保険組合は、この法律の定めるところにより、国民健康保険を行うことができる。


健康保険法3条
Ⅳ  この法律において「任意継続被保険者」とは、適用事業所に使用されなくなったため...被保険者(日雇特例被保険者を除く。)の資格を喪失した者であって、喪失の日の前日まで継続して二月以上被保険者(日雇特例被保険者、任意継続被保険者又は共済組合の組合員である被保険者を除く。)であったもののうち、保険者に申し出て、継続して当該保険者の被保険者となった者をいう。ただし、船員保険の被保険者又は後期高齢者医療の被保険者等である者は、この限りでない。

健康保険法37条
Ⅰ  第三条第四項の申出は、被保険者の資格を喪失した日から二十日以内にしなければならない。ただし、保険者は、正当な理由があると認めるときは、この期間を経過した後の申出であっても、受理することができる。

健康保険法38条
 任意継続被保険者は、次の各号のいずれかに該当するに至った日の翌日...から、その資格を喪失する。
 ①  任意継続被保険者となった日から起算して二年を経過したとき。
[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月3級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
FP技能士試験
■H29.9実施




■実施結果
【H29.5】 【H29.1】 【H28.9】 【H28.5】 【H28.1】 【H27.9】 【H27.5】 【H27.1】 【H26.9】 【H26.5】 【H26.1】
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省