FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月3級FP >  平成29年1月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題20

平成29年1月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題20

■問20
 雄也さんは、会社の定期健康診断で異常を指摘され、平成28年12月に2週間ほど入院をして治療を受けた。その際の病院への支払いが高額であったため、雄也さんは健康保険の高額療養費制度によって払戻しを受けたいと考え、FPの広尾さんに相談をした。雄也さんの平成28年12月の保険診療に係る総医療費が100万円であった場合、高額療養費制度により払戻しを受けることができる金額として、正しいものはどれか。<設例>
 なお、雄也さんは全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の被保険者で、標準報酬月額は「36万円」である。また、平成28年12月に支払った医療費はこの入院に係るもののみであり、今回の入院について健康保険限度額適用認定証は提示していないものとする。

<70歳未満の者の区分:医療費の自己負担限度額(1ヵ月当たり)>
所得区分
(標準報酬月額)
医療費の自己負担限度額
83万円以上 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
53万円~79万円 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
28万円~50万円 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
26万円以下 57,600円
市区町村民税非課税者等 35,400円
※多数該当および世帯合算については考慮しない。


1. 272,570円
2. 212,570円
3. 87,430円































■解答   2)
●窓口負担
 総医療費100万円*30%=30万円

●自己負担限度額
 80,100円+(総医療費100万円-267,000円)×1%=87,430円

●高額療養費支給額
 窓口負担30万円-自己負担限度額87,430円= 212,570円


FP学習ネット




[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月3級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省