FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月3級FP >  平成29年1月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題18

平成29年1月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題18

■問18
 雄也さんには、定年退職時に勤務先から退職一時金2,200万円が支給される見込みである。この場合における所得税に係る退職所得の金額として、正しいものはどれか。なお、雄也さんの勤続年数は38年とする。また、雄也さんは役員ではなく、障害者になったことに基因する退職ではないものとする。<設例>

<参考:退職所得控除額の求め方>
勤続年数 退職所得控除額
20年以下 勤続年数×40万円(最低80万円)
20年超 800万円+70万円×(勤続年数-20年)



1. 70万円
2. 140万円
3. 1,170万円

































■解答   1)   【退職所得】
・退職所得控除額:800万円+70万円*(勤続年数38年-20年)= 2,060万円
・退職所得の金額:(収入金額2,200万円-退職所得控除額2,060万円)*1/2=70万円


FP学習ネット




[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月3級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省