FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月3級FP >  平成29年1月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題14

平成29年1月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務) 解答解説 問題14

■問14
 所得税の計算上の医療費控除に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。


・自己または自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、医療費控除の適用を受けることができる。


・医療費控除の適用を受ける場合には( ア)を行わなければならない。


・医療費控除の金額は以下のとおりである。
 「実際に支払った医療費の金額の合計額-保険金等で補てんされる金額-( イ)」
 ただし、自己のその年の総所得金額等が200万円未満の場合には、( イ)に代えて、総所得金額等の5%の金額となる。

・医療費控除の金額の上限は( ウ)である。



1.(ア)確定申告(イ)5万円 (ウ)100万円
2.(ア)年末調整(イ)10万円(ウ)100万円
3.(ア)確定申告(イ)10万円(ウ)200万円































■解答   3)
・自己または自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、医療費控除の適用を受けることができる。

・医療費控除の適用を受ける場合には( 確定申告)を行わなければならない。

・医療費控除の金額は以下のとおりである。
 「実際に支払った医療費の金額の合計額-保険金等で補てんされる金額-( 10万円)」
 ただし、自己のその年の総所得金額等が200万円未満の場合には、( 10万円)に代えて、総所得金額等の5%の金額となる。

・医療費控除の金額の上限は( 200万円)である。


FP学習ネット




所得税法73条
Ⅰ  居住者が、各年において、自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る医療費を支払つた場合において、その年中に支払つた当該医療費の金額(保険金、損害賠償金その他これらに類するものにより補てんされる部分の金額を除く。)の合計額がその居住者のその年分の総所得金額、退職所得金額及び山林所得金額の合計額の百分の五に相当する金額(当該金額が十万円を超える場合には、十万円)を超えるときは、その超える部分の金額(当該金額が二百万円を超える場合には、二百万円)を、その居住者のその年分の総所得金額、退職所得金額又は山林所得金額から控除する。
Ⅱ  前項に規定する医療費とは、医師又は歯科医師による診療又は治療、治療又は療養に必要な医薬品の購入その他医療又はこれに関連する人的役務の提供の対価のうち通常必要であると認められるものとして政令で定めるものをいう。
Ⅲ  第一項の規定による控除は、医療費控除という。
[ 2017年02月16日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月3級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
FP技能士試験
■H29.9実施




■実施結果
【H29.5】 【H29.1】 【H28.9】 【H28.5】 【H28.1】 【H27.9】 【H27.5】 【H27.1】 【H26.9】 【H26.5】 【H26.1】
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省