FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月2級FP >  平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題27

平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題27

■問題27
 ポートフォリオ理論等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。


1.異なる2資産からなるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が1となる場合、ポートフォリオを組成することによる分散投資の効果(リスクの低減)は最大となる。

2.A資産の期待収益率が2.5%、B資産の期待収益率が6.0%の場合、A資産を40%、B資産を60%の割合で組み入れたポートフォリオの期待収益率は4.6%となる。

3.シャープレシオは、ポートフォリオ全体の収益率から無リスク資産収益率を減じたものを、ポートフォリオ全体のリスク(標準偏差)で除すことにより求められる。

4.システマティック・リスクは、ポートフォリオの組入れ銘柄数を増やしても低減しない。






























■解答 1
1.誤
 異なる2資産からなるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が1となる場合、ポートフォリオを組成することによる分散投資の効果(リスクの低減)はない。

2.正

3.正

4.正


FP学習ネット





相関係数
-101
2つの異なる資産の値動き全く反対無関係全く同じ
リスク低減効果最も大きい

なし
本問



ポートフォリオの期待収益率
 (0.4)*2.5%+(0.6)*6.0%= 4.6%


シャープレシオ = (ポートフォリオ収益率 - 安全資産利子率)/ 標準偏差

 シャープレシオが大きいほど、同じリスク(標準偏差)で高い収益率を獲得できるため、効率的な運用であったと評価することができる。
[ 2017年02月03日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省