FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月2級FP >  平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題22

平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題22

■問題22
 一般的な公募投資信託の費用に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


1.証券会社経由で株式投資信託を購入する場合、原則として購入時手数料を支払うことになるが、銀行等の預貯金を取り扱う金融機関経由であれば、その手数料は無料である。

2.運用管理費用(信託報酬)は、受託会社(信託銀行)と投資信託委託会社に対する報酬であり、証券会社や銀行等の販売会社には運用管理費用からの報酬は支払われない。

3.会計監査に必要な費用(監査報酬)や組入有価証券に係る売買委託手数料は、信託財産から支出されるため、受益者(投資家)の負担となる。

4.信託財産留保額が設定されている投資信託では、追加設定に際して、基準価額に信託財産留保額を上乗せした価額で購入することになる。





























■解答 3
1.誤
 証券会社もしくは銀行等経由で株式投資信託を購入する場合、原則として購入時手数料を支払うことになるが、購入の際に係る人件費を抑制することで、購入時手数料が徴収されない ノーロード型と呼ばれる投資信託もある。

2.誤
 運用管理費用(信託報酬)は、受託会社(信託銀行)に対する報酬(受託者報酬)と投資信託委託会社等(委託者報酬)に対する報酬であるが、委託者報酬から投資信託保有期間中等に係る事務手数料として、証券会社や銀行等の販売会社に支払われる。

3.正

4.誤
 信託財産留保額が設定されている投資信託では、追加設定に際して、購入時に信託財産留保額を徴収している投資信託は、基準価額に信託財産留保額を上乗せした価額で購入することもあるが、通常は、解約時に信託財産留保額が徴収され、基準価額から信託財産留保額を控除した金額が換金額となる。


FP学習ネット





プ ロ セ ス 手 数 料 内容
購入時 購入時手数料 購入時に支払う費用。
購入時手数料が徴収されない ノーロード型と呼ばれる投資信託もある。
保有期間中 運用管理費用(信託報酬) 運用のための費用や情報開示のための費用として徴収される。
信託財産の残高から、( 日々)、差し引かれる。
換金時 信託財産留保額  投資家間の公平性を保つために、一般的に、換金の際に徴収される。
差し引かれた金額は、投資信託内に留保される。投資信託によっては差し引かれないものもある。
[ 2017年02月02日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
FP技能士試験
■H29.9実施




■実施結果
【H29.5】 【H29.1】 【H28.9】 【H28.5】 【H28.1】 【H27.9】 【H27.5】 【H27.1】 【H26.9】 【H26.5】 【H26.1】
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省