FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月2級FP >  平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題16

平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題16

■問題16
 火災保険および地震保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約は考慮しないものとする。


1.火災保険では、突風により住宅の窓ガラスや屋根が破損した場合、補償の対象となる。

2.専用住宅を対象とする火災保険の保険料を決定する要素の一つである建物の構造級別には、「M構造」「T構造」「H構造」の3種類の区分がある。

3.地震保険では、地震による津波によって建物が破損し、一定の損害を被った場合、補償の対象となる。

4.地震保険には、「建築年割引」「耐震等級割引」「免震建築物割引」「耐震診断割引」の4種類の保険料割引制度があり、重複して適用を受けることができる。








 




















■解答 4
1.正

2.正   

3.正

4.誤   【財務省 地震保険の保険料の割引制度】
 地震保険には、「建築年割引」「耐震等級割引」「免震建築物割引」「耐震診断割引」の4種類の保険料割引制度があるが、重複して適用を受けることはできない。


FP学習ネット




火災保険対象:風災、火災、雪・ひょう災、落雷、爆発等


建物の構造級別
 「M(マンション)構造」、 「T(耐火)構造」、 「H(非耐火)構造」
 ・建物の構造により保険料に違いがあり、「M構造」が保険料が安く、「H構造」は保険料が高い。


地震保険法2条
Ⅱ  この法律において「地震保険契約」とは、次に掲げる要件を備える損害保険契約(火災に係る共済契約を含む。以下同じ。)をいう。
 一  居住の用に供する建物又は生活用動産のみを保険の目的とすること。
 二  地震若しくは噴火又はこれらによる津波(以下「地震等」という。)を直接又は間接の原因とする火災、損壊、埋没又は流失による損害(政令で定めるものに限る。)を政令で定める金額によりてん補すること。
[ 2017年02月01日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
FP技能士試験
■H29.9実施




■実施結果
【H29.5】 【H29.1】 【H28.9】 【H28.5】 【H28.1】 【H27.9】 【H27.5】 【H27.1】 【H26.9】 【H26.5】 【H26.1】
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省