FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2017年1月2級FP >  平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題11

平成29年1月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題11

■問題11
 生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.低解約返戻金型終身保険の解約返戻金は、他の契約条件が同じで低解約返戻金型ではない通常の終身保険と比較して、保険料払込期間中は少ないが、保険料払込終了後は同水準になる。

2.収入保障保険の死亡保険金を一時金で受け取る場合の受取額は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。

3.外貨建て終身保険は、円換算支払特約を付加することにより、保険金等を円貨で受け取ることができ、為替リスクを回避することができる。

4.こども(学資)保険は、保険料払込期間中に契約者が死亡し、保険料の払込みが免除となった場合であっても、契約は有効に継続し祝金や満期保険金を受け取ることができる。





























■解答 3
1.正

2.正

3.誤
 外貨建て保険は、円換算支払特約を付加することにより、保険金の受取り等が円によって行われるが、当該保険契約の締結後から保険金の受取りまでの為替リスクは回避することはできない。

4.正


FP学習ネット




低解約返戻金型終身保険
 保険料払込期間などの一定期間における解約返戻金額が低解約返戻金型ではない通常の終身保険に比べて低く抑えられており,通常の終身保険に比べて割安な保険料が設定されている。


こども(学資)保険
・被保険者である子が死亡した場合に、通常、死亡給付金を受け取ることができる。
・契約者である親が死亡した場合には、通常,以後の保険料の払込みが免除されたうえで,学資祝金や満期祝金を受け取ることができる。
[ 2017年01月27日 23:00 ] カテゴリ:2017年1月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
FP技能士試験
■H29.9実施




■実施結果
【H29.5】 【H29.1】 【H28.9】 【H28.5】 【H28.1】 【H27.9】 【H27.5】 【H27.1】 【H26.9】 【H26.5】 【H26.1】
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省