FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年9月2級FP >  平成28年9月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題57

平成28年9月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題57

■問題57
 宅地および宅地の上に存する権利(定期借地権等を除く)の相続税評価額に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、評価の対象となる宅地は、借地権の取引慣行のある地域にあるものとする。


1.アスファルト舗装した青空貸駐車場の用に供している土地の価額は、貸宅地としての価額により評価する。

2.借地権の価額は、「自用地評価額×借地権割合」の算式により計算した金額により評価する。

3.貸宅地の価額は、「自用地評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により計算した金額により評価する。

4.貸家建付借地権の価額は、「(自用地評価額×借地権割合)-(自用地評価額×借家権割合×賃貸割合)」の算式により計算した金額により評価する。




























■解答 2
1.誤
 アスファルト舗装した青空貸駐車場の用に供している土地の価額は、自用地としての価額により評価する。

2.正

3.誤
 貸宅地の価額は、「自用地評価額×(1-借地権割合)」の算式により計算した金額により評価する。

4.誤
 貸家建付借地権の価額は、「借地権評価額-(借地権評価額×借家権割合×賃貸割合)」の算式により計算した金額により評価する。


FP学習ネット




財産評価27
 借地権の価額は、その借地権の目的となっている宅地の自用地としての価額に、当該価額に対する借地権の売買実例価額、精通者意見価格、地代の額等を基として評定した借地権の価額の割合(以下「借地権割合」という。)がおおむね同一と認められる地域ごとに国税局長の定める割合を乗じて計算した金額によって評価する。ただし、借地権の設定に際しその設定の対価として通常権利金その他の一時金を支払うなど借地権の取引慣行があると認められる地域以外の地域にある借地権の価額は評価しない。


財産評価25
 宅地の上に存する権利の目的となっている宅地の評価は、次に掲げる区分に従い、それぞれ次に掲げるところによる。
(1) 借地権の目的となっている宅地の価額は、...自用地としての価額...から...その借地権の価額...を控除した金額によって評価する。...


財産評価27
 貸家の敷地の用に供されている借地権の価額...は、次の算式により計算した価額によって評価する。
 借地権の評価額-借地権の評価額×借家権割合×賃貸割合
[ 2016年11月19日 23:00 ] カテゴリ:2016年9月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省