FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年9月2級FP >  平成28年9月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題47

平成28年9月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題47

■問題47
 建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


1.敷地利用権は、専有部分を所有するための建物の敷地に関する権利であり、当該権利は所有権でなければならない。

2.専有部分の占有者は、区分所有者が規約または集会の決議に基づいて負うすべての義務と同一の義務を負う。

3.管理者は、少なくとも毎年1回、集会を招集しなければならない。

4.区分所有建物の建替えには、区分所有者および議決権の各3分の2以上の賛成による集会の決議を必要とする。






























■解答 3
1.誤
 敷地利用権は、専有部分を所有するための建物の敷地に関する権利であり、当該権利は所有権、地上権又は賃借権等である。

2.誤
 専有部分の占有者は、建物又はその敷地若しくは附属施設の使用方法につき、区分所有者が規約または集会の決議に基づいて負う義務と同一の義務を負う。

3.正

4.誤
 区分所有建物の建替えには、区分所有者および議決権の各5分の4以上の賛成による集会の決議を必要とする。


FP学習ネット




区分所有法2条
Ⅵ  この法律において「敷地利用権」とは、専有部分を所有するための建物の敷地に関する権利をいう。

敷地利用権:所有権、地上権又は賃借権等


区分所有法46条
Ⅱ  占有者は、建物又はその敷地若しくは附属施設の使用方法につき、区分所有者が規約又は集会の決議に基づいて負う義務と同一の義務を負う。

区分所有法6条
Ⅰ  区分所有者は、建物の保存に有害な行為その他建物の管理又は使用に関し区分所有者の共同の利益に反する行為をしてはならない。
Ⅲ  第一項の規定は、区分所有者以外の専有部分の占有者(以下「占有者」という。)に準用する。


区分所有法34条
Ⅰ  集会は、管理者が招集する。
Ⅱ  管理者は、少なくとも毎年一回集会を招集しなければならない。


区分所有法62条
Ⅰ  集会においては、区分所有者及び議決権の各五分の四以上の多数で、建物を取り壊し、かつ、当該建物の敷地若しくはその一部の土地又は当該建物の敷地の全部若しくは一部を含む土地に新たに建物を建築する旨の決議(以下「建替え決議」という。)をすることができる。
[ 2016年11月04日 23:00 ] カテゴリ:2016年9月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省