FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年9月2級FP >  平成28年9月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題17

平成28年9月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題17

■問題17
 傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約は付帯していないものとする。


1.国内旅行傷害保険では、地震、噴火またはこれらによる津波を原因とするケガは補償の対象とならない。

2.海外旅行(傷害)保険では、海外旅行の行程中であれば日本国内で起きた事故によるケガであっても補償の対象となる。

3.普通傷害保険では、就業中に発生した事故によるケガは補償の対象となる。

4.家族傷害保険は、保険契約締結時における所定の範囲の親族が被保険者であり、保険契約締結後に誕生した子は被保険者とならない。









 




















■解答 4
1.正

2.正

3.正

4.誤
 家族傷害保険は、保険契約締結時における所定の範囲の親族が被保険者であり、保険契約締結後に誕生した子も被保険者となる。


FP学習ネット




地震、津波、噴火等
普通傷害保険   :対象外
国内旅行傷害保険:対象外
海外旅行傷害保険:対象


傷害保険
 日常生活で発生した急激かつ偶然な外来の事故によって被った傷害を補償する。
 ★普通傷害保険と家族傷害保険の補償内容は同じ。
 ★就業中も対象となる。


家族傷害保険において補償の対象となる家族の範囲
・本人
・配偶者
・被保険者本人またはその配偶者と生計を共にする同居の親族(6親等内の血族及び3親等内の姻族)
・被保険者本人またはその配偶者と生計を共にする別居の未婚の子(婚姻歴がない)

 ※保険契約締結後に記名被保険者に誕生した子も被保険者となる。
[ 2016年10月06日 23:00 ] カテゴリ:2016年9月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省