FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年9月2級FP >  平成28年9月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題16

平成28年9月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題16

■問題16
 住宅建物および家財を対象とする火災保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。


1.自宅の火災により、車庫内に停めてあった自動車が損害を被った場合は、補償の対象とならない。

2.隣家の火災のための消火活動による水濡れにより、住宅建物が損害を被った場合は、補償の対象となる。

3.ガス爆発により、住宅建物が損害を被った場合は、補償の対象とならない。

4.落雷により、住宅建物内にあるテレビが損害を被った場合は、補償の対象となる。






























■解答 3
1.正

2.正

3.誤
 ガス爆発により、住宅建物が損害を被った場合は、補償の対象となる。

4.正


FP学習ネット




家財を補償の対象として火災保険を契約する場合(被保険者が所有)
 ・住宅敷地内にある原動機付自転車や自転車は、家財に含まれるため、補償の対象となる。一定排気量以上のものは、通常、家財に含まれないため、補償の対象とならなくなる。


火災保険対象
 ・風災、火災、雪・ひょう災、落雷、爆発等

[ 2016年10月06日 23:00 ] カテゴリ:2016年9月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省