FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年9月2級FP >  平成28年9月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題15

平成28年9月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題15

■問題15
 契約者(=保険料負担者)を法人とする生命保険契約の経理処理に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとし、いずれも保険料は毎月平準払いで支払われているものとする。


 養老保険において、被保険者が役員・従業員、死亡保険金受取人が( ア)、満期保険金受取人が法人の場合、支払保険料の全額が資産に計上され、最終的に保険金や解約返戻金を受け取るまで、資産として積み立てられる。
 定期保険(無配当保険)において、被保険者がすべての役員・従業員、死亡保険金受取人が被保険者の遺族の場合、支払保険料は( イ)として損金に算入することができる。保険金が支払われたときは経理処理を要しない。


1.(ア)法人  (イ)福利厚生費
2.(ア)法人  (イ)給与
3.(ア)被保険者の遺族 (イ)福利厚生費
4.(ア)被保険者の遺族 (イ)給与






























■解答 1
 養老保険において、被保険者が役員・従業員、死亡保険金受取人が( 法人)、満期保険金受取人が法人の場合、支払保険料の全額が資産に計上され、最終的に保険金や解約返戻金を受け取るまで、資産として積み立てられる。【法人契約 養老保険】
 定期保険(無配当保険)において、被保険者がすべての役員・従業員、死亡保険金受取人が被保険者の遺族の場合、支払保険料は( 福利厚生費)として損金に算入することができる。保険金が支払われたときは経理処理を要しない。【法人契約 定期保険】


FP学習ネット




■保険料支払時
●概要



被保険者受取人受取人の
処理等
死亡
保険金
満期
保険金
法人従業員




従業員法人法人資産計上
被保険者
の遺族
被保険者給与・給与所得
・生命保険料控除
被保険者
の遺族
法人1/2資産計上
1/2損金算入
特定の
従業員
1/2資産計上
1/2給与
・給与所得
・生命保険料控除





被保険者受取人受取人の
処理等
死亡
保険金
満期
保険金
法人従業員




従業員法人損金算入
被保険者
の遺族
損金算入
特定の
従業員
給与・給与所得
・生命保険料控除


[ 2016年10月05日 23:00 ] カテゴリ:2016年9月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
FP技能士試験
■H29.9実施




■実施結果
【H29.5】 【H29.1】 【H28.9】 【H28.5】 【H28.1】 【H27.9】 【H27.5】 【H27.1】 【H26.9】 【H26.5】 【H26.1】
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省