FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年9月2級FP >  平成28年9月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題13

平成28年9月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題13

■問題13
 個人年金保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


1.変額個人年金保険では、積立金の運用成果によって将来の年金額や解約返戻金などが変動する。

2.変額個人年金保険では、年金支払開始日前に被保険者が死亡した場合に支払われる死亡給付金の額は、既払込保険料相当額となっている。

3.個人年金保険(確定年金)では、年金支払開始日前に被保険者が死亡した場合、契約時に定めた年金年額に受取予定年数を乗じた額が死亡給付金として支払われる。

4.外貨建て個人年金保険では、円換算特約を付加した場合、受け取る年金額は為替の変動による影響を受けない。






























■解答 1
1.正

2.誤
 変額個人年金保険では、年金受取開始日前に被保険者が死亡した場合に支払われる死亡給付金の額は、運用実績に応じた積立金額となり、一般に、既払込保険料が最低保証されている。

3.誤
 個人年金保険(確定年金)では、年金支払開始日前に被保険者が死亡した場合、運用実績に応じた積立金額が死亡給付金として支払われる。

4.誤
 外貨建て個人年金保険では、円換算特約を付加した場合、受け取る年金額は為替の変動による影響を受けるため、変動する。


FP学習ネット




[ 2016年10月05日 23:00 ] カテゴリ:2016年9月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省