FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年9月2級FP >  平成28年9月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題3

平成28年9月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題3

■問題3
 厚生年金保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。


1.厚生年金保険の保険料は、被保険者の標準報酬月額および標準賞与額にそれぞれ保険料率を乗じて算出される。

2.被用者年金制度の一元化により、公務員である被保険者に係る厚生年金保険の保険料率は段階的に引き上げられ、会社員である被保険者に係る保険料率に統一されることになっている。

3.厚生年金保険の被保険者は、その適用事業所に常時使用される者であっても、65歳に達すると被保険者資格を喪失する。

4.産前産後休業期間中の厚生年金保険の被保険者に係る保険料は、所定の手続きにより、事業主負担分、被保険者負担分のいずれも免除される。






























■解答 3
1.正

2.正   【厚生労働省 被用者年金制度の一元化】

3.誤
 厚生年金保険の被保険者は、その適用事業所に常時使用される者であっても、70歳に達すると被保険者資格を喪失する。(65歳以上70歳未満で老齢年金等の受給権が有る者は、厚生年金保険の被保険者であるが、国民年金の被保険者にはならない)

4.正


FP学習ネット




厚生年金保険法81条
Ⅲ  保険料額は、標準報酬月額及び標準賞与額にそれぞれ保険料率を乗じて得た額とする。
Ⅳ  保険料率は、次の表の上欄に掲げる月分の保険料について、それぞれ同表の下欄に定める率とする。
 ...
 平成二十八年九月から平成二十九年八月までの月分 千分の百八十一・八二
 平成二十九年九月以後の月分 千分の百八十三・〇〇


厚生年金保険法9条
 適用事業所に使用される七十歳未満の者は、厚生年金保険の被保険者とする。

国民年金 被保険者
強制被保険者国籍年齢居住老齢年金等
受給権有
生年月日
第1号要件なし20歳以上
60歳未満
日本適用除外要件なし
第2号要件なし要件なし要件なし65歳以上
適用除外
第3号要件なし20歳以上
60歳未満
要件なし要件なし



厚生年金保険法81条の2の2
Ⅰ  産前産後休業をしている被保険者が使用される事業所の事業主が、主務省令で定めるところにより実施機関に申出をしたときは、第八十一条第二項の規定にかかわらず、当該被保険者に係る保険料であつてその産前産後休業を開始した日の属する月からその産前産後休業が終了する日の翌日が属する月の前月までの期間に係るものの徴収は行わない
[ 2016年09月27日 23:00 ] カテゴリ:2016年9月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
FP技能士試験
■H29.9実施




■実施結果
【H29.5】 【H29.1】 【H28.9】 【H28.5】 【H28.1】 【H27.9】 【H27.5】 【H27.1】 【H26.9】 【H26.5】 【H26.1】
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省