FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年9月3級FP >  平成28年9月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題37

平成28年9月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題37

■問題
(37) 保険業法の規定によれば、保険契約の申込者等が保険契約の申込みの撤回等に関する事項を記載した書面を交付された場合、原則として、その交付日と申込日とのいずれか遅い日から起算して( )以内であれば、書面により申込みの撤回等をする
ことができる。

1) 8日
2) 10日
3) 14日

































■解答   1)
 保険業法の規定によれば、保険契約の申込者等が保険契約の申込みの撤回等に関する事項を記載した書面を交付された場合、原則として、その交付日と申込日とのいずれか遅い日から起算して( 8日)以内であれば、書面により申込みの撤回等をする
ことができる。


FP学習ネット




保険業法309条
Ⅰ  保険会社等若しくは外国保険会社等に対し保険契約の申込みをした者又は保険契約者...は、次に掲げる場合を除き、書面によりその保険契約の申込みの撤回又は解除...を行うことができる。
 一  申込者等が、内閣府令で定めるところにより、保険契約の申込みの撤回等に関する事項を記載した書面を交付された場合において、その交付をされた日と申込みをした日とのいずれか遅い日から起算して八日を経過したとき。
[ 2016年09月27日 23:00 ] カテゴリ:2016年9月3級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省