FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年9月3級FP >  平成28年9月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題2

平成28年9月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題2

■問題
(2) 雇用保険の一般被保険者が38年間勤めた勤務先を60歳で定年退職し、退職後に基本手当を受給する場合の所定給付日数は、その者が就職困難者に該当する場合を除き、最長で150日である。
































■解答①正


FP学習ネット




●定年退職
被保険者として雇用された期間1年以上10年未満10年以上20年未満20年以上   
所定給付日数90日120日150日
 定年退職は、正当な理由がない自己都合退職等による離職者と同様の基本手当の所定給付日数が適用されるが、自己都合退職等による離職者のように3カ月の給付制限は行われない
[ 2016年09月21日 23:00 ] カテゴリ:2016年9月3級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省