FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年5月2級FP >  平成28年5月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題57

平成28年5月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題57

■問題57
 下記の宅地における路線価方式による自用地価額として、最も適切なものはどれか。なお、奥行価格補正および側方路線影響加算以外の補正は考慮しないものとする。

FP協会


1.(200千円×0.99+250千円×1.00×0.02)×400m2=81,200千円
2.(200千円×0.99+250千円×1.00×0.03)×400m2=82,200千円
3.(250千円×1.00+200千円×0.99×0.02)×400m2=101,584千円
4.(250千円×1.00+200千円×0.99×0.03)×400m2=102,376千円









 




















■解答 4
(正面路線価250千円×奥行価格補正率1.00+側方路線価200千円×奥行価格補正率0.99×側方路線影響加算率0.03)×400m2=102,376千円


FP学習ネット




財産評価基本通達15
 一方のみが路線に接する宅地の価額は、路線価にその宅地の奥行距離に応じて奥行価格補正率を乗じて求めた価額にその宅地の地積を乗じて計算した価額によって評価する。

財産評価基本通達16   【国税庁 側方路線影響加算率表】
 正面と側方に路線がある宅地(以下「角地」という。)の価額は、次の(1)及び(2)に掲げる価額の合計額にその宅地の地積を乗じて計算した価額によって評価する
 (1) 正面路線(原則として、前項の定めにより計算した1平方メートル当たりの価額の高い方の路線をい う。以下同じ。)の路線価に基づき計算した価額
 (2) 側方路線(正面路線以外の路線をいう。)の路線価を正面路線の路線価とみなし、その路線価に基づ き計算した価額に付表2「側方路線影響加算率表」 に定める加算率を乗じて計算した価額
[ 2016年05月23日 09:46 ] カテゴリ:2016年5月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
FP技能士試験
■H29.9実施




■実施結果
【H29.5】 【H29.1】 【H28.9】 【H28.5】 【H28.1】 【H27.9】 【H27.5】 【H27.1】 【H26.9】 【H26.5】 【H26.1】
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省