FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年5月2級FP >  平成28年5月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題49

平成28年5月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題49

■問題49
 Aさんは、所有する土地の有効活用を検討している。貸しビルを建設する際の土地の有効活用の手法の一般的な特徴についてまとめた下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。


有効活用の手法有効活用後の
土地の所有名義
有効活用後の
貸しビルの所有名義
貸しビル建設資金の
Aさんの負担の要否
定期借地権方式Aさん借地人不要
建設協力金方式( ア) Aさん不要(全部または一部)
事業受託方式Aさん( イ) 必要
等価交換方式Aさん、デベロッパーAさん、デベロッパー( ウ)



1.(ア)Aさん (イ)デベロッパー(ウ)必要
2.(ア)デベロッパー(イ)Aさん (ウ)必要
3.(ア)Aさん (イ)Aさん (ウ)不要
4.(ア)デベロッパー(イ)デベロッパー(ウ)不要






























■解答 3
有効活用の手法有効活用後の
土地の所有名義
有効活用後の
貸しビルの所有名義
貸しビル建設資金の
Aさんの負担の要否
定期借地権方式Aさん借地人不要
建設協力金方式( ア)Aさん Aさん不要(全部または一部)
事業受託方式Aさん( イ)Aさん 必要
等価交換方式Aさん、デベロッパーAさん、デベロッパー( ウ)不要



FP学習ネット




定期借地権方式
 土地所有者には建物の建設資金の負担は発生しませんし、一定期間、比較的安定した収入を確保することができる。

建設協力金方式
 テナント(借主)が建設協力金として、土地所有者に建設資金を貸し付け、建築後に、建設協力金と賃料を相殺する。

等価交換方式
 土地所有者は、建物の建設資金を負担することなく、土地の所有権を一部手放し、譲渡する土地の上に建設される建物の一部を取得することができる。

事業受託方式
 土地所有者とディベロッパーが建物請負契約を行い、建築後に、ディベロッパーに一括賃貸する。
[ 2016年05月23日 09:44 ] カテゴリ:2016年5月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
FP技能士試験
■H29.9実施




■実施結果
【H29.5】 【H29.1】 【H28.9】 【H28.5】 【H28.1】 【H27.9】 【H27.5】 【H27.1】 【H26.9】 【H26.5】 【H26.1】
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省