FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年5月2級FP >  平成28年5月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題23

平成28年5月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題23

■問題23
 債券の信用リスクに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


1.債券の発行体の財務状況の悪化などにより、その発行する債券の利子や償還金の支払いが債務不履行(デフォルト)となるリスクを、信用リスクという。

2.発行体が同一であれば、劣後債であっても他の債券と同等の信用格付となる。

3.信用格付において最上級の格付を付された債券については、利子や償還金の支払いに遅延が生じることはない。

4.市場で流通している信用リスクの高い債券と信用リスクの低い債券を比較した場合、他の条件が同じであれば、信用リスクの高い債券の方が利回りは低くなる。






























■解答 1
1.正

2.誤
 発行体が同一であっても、劣後債であれば他の債券に比べて、信用リスクは高いため信用格付は低くなる。

3.誤
 信用格付において最上級の格付を付された債券については、利子や償還金の支払いに遅延が生じるリスクは少ないが、生じる可能性もある。

4.誤
 市場で流通している信用リスクの高い債券と信用リスクの低い債券を比較した場合、他の条件が同じであれば、信用リスクの高い債券の方が利回りは高くなる(リスクが高いため、利回りが高くないと買い手がつかないため)。


FP学習ネット




[ 2016年05月23日 09:31 ] カテゴリ:2016年5月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省