FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年5月3級FP >  平成28年5月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題4

平成28年5月2級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題4

■問題4
 国民年金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.第2号被保険者の被扶養配偶者である62歳の妻は、第3号被保険者である。

2.第1号被保険者である大学生は、本人の所得金額にかかわらず、学生納付特例制度の適用を受けることができる。

3.平成28年7月以降、第1号被保険者である50歳未満の者(学生を除く)は、保険料の納付が困難な場合、本人と配偶者の前年(1月から6月までに申請の場合は前々年)の所得金額が一定金額以下であれば、納付猶予制度の適用を受けることができる。

4.日本国籍を有するが日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の者は、第2号被保険者または第3号被保険者に該当する者を除き、国民年金の被保険者になることができない。






























■解答 3
1.誤
 第2号被保険者の被扶養配偶者である62歳の妻は、60歳以上であるため、第3号被保険者にはならない。

2.誤
 第1号被保険者である大学生は、本人の所得金額が一定以下の場合、学生納付特例制度の適用を受けることができる。

3.正

4.誤
 日本国籍を有するが日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の者は、任意加入被保険者として国民年金の被保険者になることができる。


FP学習ネット





強制被保険者国籍年齢居住老齢年金等
受給権有
生年月日
第1号要件なし20歳以上
60歳未満
日本適用除外要件なし
第2号要件なし要件なし要件なし65歳以上
適用除外
第3号要件なし20歳以上
60歳未満
要件なし要件なし
任意加入被保険者(原則)国籍年齢居住老齢年金等
受給権
生年月日
要件なし20歳以上
60歳未満
日本要件なし
要件なし60歳以上
65歳未満
日本要件なし
日本20歳以上
65歳未満
海外要件なし
任意加入被保険者(特例)国籍年齢居住老齢年金等
受給権
生年月日
要件なし
65歳以上
70歳未満
日本昭和40年4月1日以前
日本海外



学生納付特例制度
 学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される学生納付特例制度が設けられ、本人の所得が一定以下の学生が対象となる(家族の所得は関係ない。)
 学生納付特例制度の承認を受けた期間は、受給資格期間に含まれることになるが、老齢基礎年金の額の計算の対象となる期間には含まれない。(年金額はゼロということ。通常の全額免除とは異なるところ)
 猶予された各月の保険料は、10年間のうちに追納することができるが承認を受けた年度の翌年度から起算して、3年度目以降に保険料を追納する場合には、猶予されていたときの保険料に一定の加算額が加わる。
 保険料追納分は、保険料納付済期間となり、年金額に反映される。

[ 2016年05月23日 09:26 ] カテゴリ:2016年5月3級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省