FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年5月3級FP >  平成28年5月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題27

平成28年5月3級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 解答解説 問題27

■問題
(27) 遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億8,000万円で、相続人が被相続人の配偶者と子の合計2人である場合、子の遺留分の金額は6,000万円となる。
































■解答②誤
 遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億8,000万円で、相続人が被相続人の配偶者と子の合計2人である場合、子の遺留分の金額は1億8,000万円*1/2*1/2= 4,500万円となる。


FP学習ネット




民法1028条
 兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次の各号に掲げる区分に応じてそれぞれ当該各号に定める割合に相当する額を受ける。
 一  直系尊属のみが相続人である場合 被相続人の財産の三分の一
 二  前号に掲げる場合以外の場合 被相続人の財産の二分の一
[ 2016年05月23日 08:57 ] カテゴリ:2016年5月3級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省