FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2016年1月1級FP >  平成28年1月1級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 【第5問】

平成28年1月1級ファイナンシャル・プランニング技能検定学科試験 【第5問】

【第5問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問63》~《問65》)に答えなさい。


《設 例》
 非上場会社のX株式会社(以下、「X社」という)の代表取締役社長であるAさん(70歳)の推定相続人は、妻Bさん(68歳)、長男Cさん(46歳)、二男Dさん(40歳)の3人である。
 Aさんは、X社の専務取締役である長男Cさんが十分に経験を積み、周囲の理解も得られたことから、Aさんの所有するX社株式を長男Cさんに移転し、勇退することを決意した。また、公務員であり、X社の経営に関与していない二男Dさんには、昨年に誕生した子(Aさんの孫)の子育てに係る資金について援助したいと考えている。
 X社に関する資料は、以下のとおりである。


〈X社の概要〉
(1) 業種 電気機械器具製造業

(2) 資本金等の額 8,000万円(発行済株式総数160,000株、すべて普通株式で1株につき1個の議決権を有している)

(3) 株主構成
株主 Aさんとの関係所有株式数
Aさん 本人 140,000株
Bさん 10,000株
Cさん 長男 10,000株


(4) 株式の譲渡制限 あり

(5) X社株式の評価(相続税法上の評価額)に関する資料
 ・相続税法におけるX社株式の評価上の規模区分は「中会社の大」である。
 ・X社は、特定の評価会社には該当しない。
 ・比準要素の状況
比準要素 X社 類似業種
1株(50円)当たりの年配当金額 3.8円 3.1円
1株(50円)当たりの年利益金額 23円 18円
1株(50円)当たりの簿価純資産価額 334円 192円

※すべて1株当たりの資本金等の額を50円とした場合の金額である。
 ・類似業種の1株(50円)当たりの株価の状況
  課税時期の属する月の平均株価 260円
  課税時期の属する月の前月の平均株価 280円
  課税時期の属する月の前々月の平均株価 285円
  課税時期の前年の平均株価 265円
  課税時期の属する月以前2年間の平均株価 275円

(6) X社の資産・負債の状況
 直前期のX社の資産・負債の相続税評価額と帳簿価額は、次のとおりである。
                                  (単位:万円)
科 目 相続税評価額 帳簿価額科 目 相続税評価額 帳簿価額
流動資産 6820068200 流動負債2480024800
固定資産5230028300 固定負債1890018900
合 計 12050096500 合 計4370043700

※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。



FP学習ネット




[ 2017年09月27日 10:18 ] カテゴリ:2016年1月1級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省