FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2015年5月2級FP >  2015年5月 2級FP技能士 学科 解答解説 問題4

2015年5月 2級FP技能士 学科 解答解説 問題4

■問題4
 雇用保険の基本手当に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.基本手当を受給するためには、原則として、離職の日以前2年間に雇用保険の一般被保険者であった期間が通算して12ヵ月以上なければならない。
2.基本手当は、受給資格者の離職理由を問わず、受給資格決定日以後において失業している日が通算して7日経過したときに支給が開始される。
3.基本手当の受給期間は、原則として、離職の日の翌日から起算して1年間である。
4.基本手当の受給期間内に出産、疾病などの理由により引き続き30日以上職業に就くことができない受給資格者が所定の期間内にその旨を申し出た場合、受給期間が一定期間延長される。

































■解答 2
1.正

2.誤
 基本手当は、受給資格者の離職理由が自己の責めに帰すべき重大な理由によつて解雇され、又は正当な理由がなく自己の都合によつて退職した場合には、失業している日が通算して7日経過したとしても、その後、離職理由による支給制限3カ月間経過しないと支給が開始されない。

3.正

4.正


FP学習ネット




●求職者給付

求職者給付
基本手当高年齢
求職者給付金
特例一時金日雇労働
求職者給付金
被保険者①一般・特定受給
資格者
・特定理由
離職者
②高年齢
継続
③短期雇用
特例
④日雇労働
算定対象期間2年間1年間1年間1年間2カ月6カ月
延長4年間4年間4年間4年間
被保険者期間12カ月
応答日
6カ月
応答日
6カ月
応答日
6カ月
歴月
26日78日
除外受給資格
取得前期間
受給資格
取得前期間
受給資格
取得前期間
待機7日間7日間7日間各週最初の日
失業認定・4週間に1回
直前28日

・1カ月に1回
直前月

1回1回 日々・4週間に1回
直前24日


賃金日額
特例
・育児介護
・生産量減少

基本手当賃金日額
50(45)%~80%


7500円
6200円
4100円
7500円
6200円
4100円
基本手当減額基本手当減額
所定給付日数90日
~150日
90日
~330日

30日・50日40日
13日~17日60日
150日~360日
算定基礎
期間除外
支給済
前期間


受給期間 1年1年
(+30日)
1年
6カ月
4カ月
1年
(+60日)
延長14年間
延長21年間
延長給付



離職理由3カ月3カ月3カ月
就職拒否1カ月1カ月1カ月7日間
職業訓練
拒否
1カ月1カ月1カ月
職業訓練
指導拒否
1カ月1カ月1カ月
不正受給以後以後以後当月
・翌月以降3カ月


雇用保険法13条
Ⅰ  基本手当は、被保険者が失業した場合において、離職の日以前二年間...に、...被保険者期間が通算して十二箇月以上であつたときに、この款の定めるところにより、支給する。


雇用保険法21条
 基本手当は、受給資格者が当該基本手当の受給資格に係る離職後最初に公共職業安定所に求職の申込みをした日以後において、失業している日(疾病又は負傷のため職業に就くことができない日を含む。)が通算して七日に満たない間は、支給しない。

雇用保険法33条
Ⅰ  被保険者が自己の責めに帰すべき重大な理由によつて解雇され、又は正当な理由がなく自己の都合によつて退職した場合には、第二十一条の規定による期間の満了後一箇月以上三箇月以内の間で公共職業安定所長の定める期間は、基本手当を支給しない。...


雇用保険法20条
Ⅰ  基本手当は、この法律に別段の定めがある場合を除き、次の各号に掲げる受給資格者の区分に応じ、当該各号に定める期間...内の失業している日について、...所定給付日数に相当する日数分を限度として支給する。
 一  次号及び第三号に掲げる受給資格者以外の受給資格者 当該基本手当の受給資格に係る離職の日(以下この款において「基準日」という。)の翌日から起算して一年
 二  基準日において第二十二条第二項第一号に該当する受給資格者 基準日の翌日から起算して一年に六十日を加えた期間
 三  基準日において第二十三条第一項第二号イに該当する同条第二項に規定する特定受給資格者 基準日の翌日から起算して一年に三十日を加えた期間


雇用保険法20条
Ⅰ  基本手当は、...当該各号に定める期間(当該期間内に妊娠、出産、育児その他厚生労働省令で定める理由により引き続き三十日以上職業に就くことができない者が、厚生労働省令で定めるところにより公共職業安定所長にその旨を申し出た場合には、当該理由により職業に就くことができない日数を加算するものとし、その加算された期間が四年を超えるときは、四年とする。)内の失業している日について、...所定給付日数に相当する日数分を限度として支給する。
[ 2015年07月03日 14:58 ] カテゴリ:2015年5月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省