FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2013年1月1級FP 学科 >  2013年1月 1級FP技能士 学科 応用 解答解説 【第5問】

2013年1月 1級FP技能士 学科 応用 解答解説 【第5問】

【第5問】 次の設例に基づいて,下記の各問(《問63》~《問65》)に答えなさい。
2013年1月 1級FP技能士 学科 応用 解答解説 《問63》
2013年1月 1級FP技能士 学科 応用 解答解説 《問64》
2013年1月 1級FP技能士 学科 応用 解答解説 《問65》

《設 例》
株式会社X社(非上場会社,以下「X社」という)の社長であるAさんは,事業承継対策として,後継者に予定している長男Cを取締役に就任させ,あわせてX社株式を20%程度取得させることを検討している。
X社の業績は好調に推移しており,加えて所有する資産の含み益も多額であることから,株式評価額が高くなることが予想される。Aさんは,株式評価額が高いと株式移動の資金負担が重くなるので,株式評価額を低くすることができないか悩んでいる。
X社に関する資料は以下のとおりである。
〈X社の概要〉
(1) 業種 金属製品製造業
(2) 資本金等の額 3,000万円(発行済株式総数600,000株,すべて普通株式で1株につき議決権を1つ有している)
(3) 株主構成(課税時期直前)
株主Aとの関係所有株式数
本人540,000株
60,000株

※相続税におけるX社の株式の評価上の規模区分は「中会社」であり,特定の評価会社には該当しない。
(4) X社の比準要素
1株(50円)当たりの年配当金額 7.0円
1株(50円)当たりの年利益金額 42円
1株(50円)当たりの簿価純資産価額 461円
(5) 類似業種の比準要素
類似業種の1株(50円)当たりの株価の状況
課税時期の属する月の平均株価 245円
課税時期の属する月の前月の平均株価 254円
課税時期の属する月の前々月の平均株価 253円
課税時期の前年の平均株価 243円
課税時期の属する月以前2年間の平均株価 250円
類似業種の1株(50円)当たりの年配当金額 5.4円
類似業種の1株(50円)当たりの年利益金額 30円
類似業種の1株(50円)当たりの簿価純資産価額 374円
(6) X社の資産・負債の状況
直前期のX社の資産・負債の相続税評価額および帳簿価額は,下記のとおりである。
(単位:万円)
科 目相続税評価額帳簿価額科 目相続税評価額帳簿価額
流動資産3581035810流動負債2082020820
固定資産4812027510固定負債1484014840
合 計8393063320合 計3566035660
※上記以外の条件は考慮せず,各問に従うこと。


FP学習ネット




[ 2017年09月28日 08:53 ] カテゴリ:2013年1月1級FP 学科 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省