FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2014年9月2級FP >  2014年9月2級FP技能士実技(資産設計提案業務)解答解説 問15

2014年9月2級FP技能士実技(資産設計提案業務)解答解説 問15

■問15
 会社員の川久保義孝さんが、平成26年中に支払った医療費が下記<資料>のとおりである場合、川久保さんの平成26年分の所得税の確定申告における医療費控除の金額として、正しいものはどれか。
 なお、川久保さんの平成26年中の所得は給与所得346万円のみであり、妻は同一生計である。また、保険金等により補てんされる金額はないものとする。

<資料>
支払月医療等を受けた人医療機関等内容金額
5月本人A歯科医院虫歯治療80,000円
6月妻BB病院人間ドック(注1)30,000円
7月本人B病院人間ドック(注2)50,000円
8月本人B病院通院(注3)18,000円
(注1)妻は、人間ドックの結果、異常はなかった。
(注2)川久保さんは、人間ドックの結果病気が判明し、引き続き治療のために通院することになった。
(注3)人間ドックで判明した病気の治療のための通院である。

1. 48,000円
2. 78,000円
3. 148,000円
4. 178,000円
































■解答   1    【国税庁 医療費控除】  【国税庁 医療費控除 人間ドック・健康診断等の費用】 
対象医療等を受けた人医療機関等内容金額
本人A歯科医院虫歯治療80,000円
×妻BB病院人間ドック(注1)30,000円
本人B病院人間ドック(注2)50,000円
本人B病院通院(注3)18,000円

 給与所得346万円のみであり、妻は同一生計であることを考慮すると、医療費控除の金額は、80,000円+50,000円+18,000円-10万円= 48,000円である。


FP学習ネット




[ 2014年09月02日 07:31 ] カテゴリ:2014年9月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省