FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2014年9月2級FP >  2014年9月2級FP技能士実技(資産設計提案業務)解答解説 問14

2014年9月2級FP技能士実技(資産設計提案業務)解答解説 問14

■問14
 地震保険に関する次の記述の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

・地震保険の保険金額は、居住用建物ならびに家財ごとに火災保険の保険金額の( ア)の範囲で設定するが、建物は5,000万円、家財は( イ)円が上限となる。
・支払われる保険金は、保険の対象である建物・家財の損害に応じて、全損の場合は保険金額の100%、大半損の場合は保険金額の60%、小半損の場合は保険金額の30%、一部損の場合は保険金額の( ウ)となる。ただし、いずれも時価を上限とする。
・地震による地盤の液状化で住宅が傾いた場合は、補償の対象と( エ)。

1.(ア)30%~50% (イ)1,000万(ウ)5% (エ)なる
2.(ア)50%~80% (イ)1,000万(ウ)10% (エ)ならない
3.(ア)50%~80% (イ)2,500万(ウ)10% (エ)なる
4.(ア)30%~50% (イ)2,500万(ウ)5% (エ)ならない
































■解答   1    【財務省 地震保険】 
・地震保険の保険金額は、居住用建物ならびに家財ごとに火災保険の保険金額の(30%~50%)の範囲で設定するが、建物は5,000万円、家財は( 1,000万)円が上限となる。

・支払われる保険金は、保険の対象である建物・家財の損害に応じて、全損の場合は保険金額の100%、大半損の場合は保険金額の60%、小半損の場合は保険金額の30%、一部損の場合は保険金額の( 5%)となる。ただし、いずれも時価を上限とする。

・地震による地盤の液状化で住宅が傾いた場合は、補償の対象と(なる )。


FP学習ネット




[ 2017年01月18日 10:42 ] カテゴリ:2014年9月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
はまだ税理士FP事務所
TEL0532-56-8313
FAX0532-39-6700
PR
FP技能士試験
■H29.9実施




■実施結果
【H29.5】 【H29.1】 【H28.9】 【H28.5】 【H28.1】 【H27.9】 【H27.5】 【H27.1】 【H26.9】 【H26.5】 【H26.1】
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省