FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2013年9月2級FP >  2013年9月 2級FP技能士 学科 解答解説 問題(30)

2013年9月 2級FP技能士 学科 解答解説 問題(30)

■問題30
 金融商品の販売等に関する法律(以下「金融商品販売法」という)および消費者契約法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.金融商品販売業者等が重要事項の説明義務に違反したことにより顧客に損害が生じ、当該顧客が損害賠償を請求する場合には、金融商品販売法により、元本欠損額が当該顧客に生じた損害の額と推定される。
2.金融商品販売法の保護の対象となるのは個人のみであり、法人は対象となっていない。
3.消費者契約において消費者の利益を不当に害する一定の条項については、消費者契約法により、その全部または一部が無効とされている。
4.消費者は、事業者の一定の不適切な行為により自由な意思決定が妨げられ、誤認または困惑をして契約を締結した場合、消費者契約法により、その契約を取り消すことができる。






















■解答 2
1.正

2.誤
 金融商品販売法の保護の対象となるのは、特定顧客(機関投資家)以外の法人も対象となっている。消費者契約法の保護の対象となるのは、個人のみである。

3.正

4.正



FP学習ネット




[ 2014年03月23日 19:59 ] カテゴリ:2013年9月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省